第2回 うつ病について


眠れない・食欲がない・一日中気分が落ち込んでいる何をしても楽しめない…

 

こんな状態が続いている場合「うつ」の可能性があります。

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なるなどの様々な理由から、脳が機能障害を起こしている状態です。

脳がうまく働いてくれないので、物の見方が否定的になり「自分はダメな人間なんだ」と感じてしまいます。

そのため、普段だと乗り越えられるストレスもより悪く感じてしまうのです。

 

こんな体のサインはありませんか?

・食欲がない ・動悸がする
・身体がだるい ・胃の不快感
・疲れやすい ・便秘がち
・性欲がない ・口が渇く
・頭痛や肩こり  

抑うつ状態は体の変化として現れることもあります。

こんな気持ちはありますか?

・抑うつ気分 ・イライラして何かにせき立てられる気分
・何をしても楽しくない ・悪いことをしたように感じ自分を責める
・何にも興味が湧かない ・自分には価値がないと感じる
・疲れているのに眠れない ・思考力が落ちる
・一日中眠い ・死にたくなる
・いつもよりかなり早く目覚める  

上記のようなことが、一日中ほぼ絶えまなく2週間以上の長い間続くようであれば「うつ病」のサインかもしれません。


おかしいかな?当てはまるかな?と感じたら精神科や心療内科の医師に相談しましょう。

また、自分のことを良く知っているかかりつけの医師や、地元の保健所や精神保健福祉センターの相談窓口を利用するのも良いでしょう。

 

インターネットや書籍等の一方的な情報を集めて自己診断することは、正しい診療を受ける機会を遅らせるだけでお勧めできません。

まずは、専門家にご相談してみてください。

 


キャリア・サポート・ステーションでは、「うつ病」の方が安心して通うことができるような体制を整えております。

 

お気軽にご連絡下さい。

 


千葉県認可 就労移行支援事業所 

キャリア・サポート・ステーション

〒270-0014 千葉県松戸市小金443 北小金ビル302

TEL:047(346)5527 / FAX:047(346)5027

MAIL:css-kitakogane@kohgakusha.com