抗うつ薬「テシプール」

剤形

・錠剤:1mg

用法・要量

【内服】初期は1日3mg分服。

※最大1日6mgまで増量可

処方についてのポイント

・四環系抗うつ薬

・抑うつのほか、不安・焦燥、意欲低下、睡眠障害などに効果がある

・心循環器への影響や抗コリン性副作用が少ないため、軽症で合併症のある老年期うつ病などに適している

・抗ヒスタミン作用があるため眠気が生じるが、ミアンセリンより弱い

・抗ヒスタミン作用として、長期間使用すると体重増加をきたすことがある

・ミアンセリンと同様、副作用が少ないことから、老年期の患者に使いやすい

・現在では、SSRIやSNRIの投与が難しい患者に用いることが多い

・禁忌は、MAO阻害薬投与中など

 


 キャリア・サポート・ステーションは、双極性障害うつ病、抑うつ状態の方が治療をしながら無理なく就労を目指せる体制をとっております。

 まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

千葉県認可 就労移行支援事業所 キャリア・サポート・ステーション

〒270-0014 千葉県松戸市小金443 北小金ビル302

TEL:047(346)5527 / FAX:047(346)5027

MAIL:css-kitakogane@kohgakusha.com